GalleryGrace Antiques

  • HOME
  • >
  • Glasses
  • >
  • LALIQUE

     LALIQUE 

         ラリック

”Lalique ”ラリックと言えば、19世紀末のアールヌーヴォー様式の時代にに金細工師、宝飾デザイナーとして活躍し、1900年のパリ万国博覧会で一世風靡した後、時代がアールデコ様式に移るのと同じ時期にガラス工芸家に転身。またもや大成功。1925年のパリ 現代装飾美術・産業美術展は、まるでラリックの展覧会のような成功を収めた人物、RENE LALIQUE (1860~1945) ルネ・ラリック のことを指しますが、その後を継いだ息子の MARC LALIQUE (1900~1977) マーク・ラリック1945年〜も、新たな優れたデザインで数々の名品を残し、姪の Marie-Claude Lalique(1936-2003)マリー=クロード・ラリック 1977年〜1996年も、アートディレクターとして優れた作品があります。1994年には、家族より売却され、現在のラリックグループに至ります。

LOTUS ロータス

Rene Lalique  1924's


ラリックの定番モデルTOP3の一つ。”LOTUS" 蓮のデザインです。シンプルかつスタイリッシュで涼しげな蓮のデザインは、アールヌーヴォー・アールデコの両時代のデザイナーとしてのラリックの才能が伺えます。

 過去のBLOG記事 BLOG BLOG 
 

NIPPON ニッポン

Rene Lalique 1930's 


 ”NIPPON”は、その名の通り、日本のこと。水玉模様のつぶつぶデザインのグラスです。ラリックのグラスにこのような名前が選ばれた事に、19世紀末のジャポニズムの影響力の大きさが伺えます。
 
 過去のBLOG記事 BLOG 


  

TOKYO トーキョー

Rene Lalique 1930's 


 "TOKYO"も、その名の通り東京です。ニッポンと同じ水玉のツブツブデザインです。東京はフットの裏側に水玉の突起があります。日本よりもスタイリッシュなデザインです。
 
 過去のBLOG記事 BLOG BLOG BLOG


  

CHINON シノン 

Rene Lalique 1930's 


CHINONは、ランスのロワール地方の都市の名前で、カベルネ・フラン主体の赤ワインの産地です。この渦巻き模様のデザインとワインは関係なさそうですね。太いステム部分の重さが心地よい高級感のあるグラスです。
 
 過去のBLOG記事 BLOG BLOG 


  

Gouttes D'eau グッテドー

Rene Lalique  1930's


 "Gouttes D'eau"は、フランス語で水滴。グラス全面に水滴の滴り落ちる素敵なデザイン。
 
 過去のBLOG記事 BLOG BLOG 


  

Coquelicot コクリコ

Rene Lalique 1930's


 Coquelico コクリコは、ひなげし(ポピー)の花のデザインです。
グラス全体が花のようにデザインされていて、大きさも日本酒等に最適な大きさで大人気のグラスですが、最近は希少性が出てきています。すでにお持ちの方は大事にしてくださいね。


  

Pouilly プイィ

Rene Lalique 1931's


魚のデザインのPouillyは、デザインとは何の関係もなく、フランスのブルゴーニュ地方の町の名前です。白ワインの名前にもあります。
 
 過去のBLOG記事 BLOG 


  

Dampierre ダンピエール

Rene Lalique 1931's


 ダンピエール Dampierreといえば、シャンパンの名前ですが、これは、ダンピエール家という貴族がその名の由来ですが、これはどうなんでしょ?フランス東部にあるDampierreというマイナーな村の名前が由来かな。基本的に。それとは全然関係のなさそうな、可愛らしい鳥のデザインです。


  

Hunawihr ウナヴィール

Rene Lalique 1926's


 "HUNAWIHR"は、フランスのアルザス地方の村の名前。
アールデコの典型的な特徴の直線的な幾何学文様デザインで
凹凸も面白い逸品です。黒い部分はエナメル彩色。


  

Tosca トスカ

Lalique®France 1988~2007


このグラスは"Rene Lalique"ルネ・ラリックが1924年に制作した"HAGUENEAU"アグノー。このグラスは1947年で制作をやめているのでその後、1988年からこのLalique社が復刻版のような形でTOSCAという名前で再販したものです。アグノーと比べると少し縁のフォルムなど色々違いますが、アグノーより丈夫なので、実用に適しています。
 
 過去のBLOG記事 BLOG BLOG 


  

Six Figurines シス・フィギュリン

Rene Lalique 1921's


 ラリックのグラスの中で、とても重要なグラスの一つ。高貴な雰囲気が漂う逸品です。グラスの6面にそれぞれ違うポーズが施された古代ギリシャ様式の婦人像のデザインで、割合厚みもあり、重厚感もあります。ショットグラスですが、使うよりも手にとって眺めるだけで満足してしまいそうです。このグラスでヴとっておきの古酒など飲めば、至福の時が訪れるはずです。


  

Edward エドワード

Rene Lalique 1924's


 カクテルの語源は雄鶏から発生したことから、カクテルグラスに鶏のデザインが使われていることが多いのですが、ラリックはこのEDWARDと、もう一種、WILLIAMSのグラスがあります。とても希少でアーテイスティックなグラスです。